黒柳徹子×アンドロイド「totto」のトーク映像到着!ものまね合戦で大盛り上がり

黒柳徹子の半生を描く新ドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日系列、10月2日スタート、毎週月~金曜12:30~12:50)の放送を記念して開発された黒柳のアンドロイド「totto」が、この度黒柳本人と対面。この度、双方がトークを楽しむ映像が公開された。

「totto」は、テレビ朝日が、株式会社電通、株式会社電通テック、株式会社エーラボと共に、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学・石黒浩教授(ATR客員所長)監修で共同開発したもの。声は、42年にわたる『徹子の部屋』の会話データをもとにNTTテクノクロス株式会社が開発した最新の音声合成技術を用いて作成されている。2018年には自律会話システムも搭載し、さまざまな場所で徹子との“お喋り”が楽しめるようになる予定だ。

今回公開された映像では、『徹子の部屋』のスタジオに現れた「totto」が、司会に挑戦。流暢な口調で「皆さまこんにちは。『tottoの部屋』でございます。今日はすごい方がお見えになりました。放送回数1万回以上、42年にわたり『徹子の部屋』の司会をなさっている黒柳徹子さんです」と、黒柳本人をゲストとして迎えた。

続けて「totto」は、「この方、小さい頃は“トットちゃん”と呼ばれて大変おてんば娘だったそうですが、今は“ムチャぶりの女王”ともよばれているんです。今日はいろいろ楽しませて頂きます」と黒柳を紹介。そして「あら、あなた私とソックリね」と言うと、黒柳は「本当ソックリ。ビックリします」と驚いた様子を見せた。

その後、「それにしてもあなた今日もお綺麗ね。あ、なんか自分を褒めているみたいでちょっと変ね」と「totto」が言うと、黒柳も「……そうね、ちょっと変ね(笑)。でもあなた本当お綺麗ね」とノリノリで返答。「totto」が「私も今日はタマネギ頭を結って貰ったのよ」とアピールすると、黒柳は“結って”のイントネーションがずれていることを鋭く指摘。「totto」は「恐れ入ります」と恐縮していた。

そして、黒柳がパンダやラクダのものまねを披露すると、「totto」も対抗して鶏のものまねを披露。「コケコッコー」と言う「totto」に、黒柳は「このようにやらなきゃ!」と言って、「アー」と、よりリアルなものまねを伝授してみせた。一連の微笑ましいやりとりに、まるで実際に黒柳が2人いるかのような不思議な雰囲気が漂っていた。

主演に清野菜名と松下奈緒を迎えた新ドラマ『トットちゃん!』では、40年以上の長きにわたって冠番組『徹子の部屋』の司会を務め、常にエンターテインメント界の第一線で活躍を続けてきた黒柳の半生と、その家族を含む激動の昭和史が描かれる。


本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事