加藤一二三、古坂大魔王プロデュースで楽曲収録「紅白もやぶさかではない」

元プロ棋士の加藤一二三が、21日(22:00~23:24)に放送されるフジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックス スペシャル』で、古坂大魔王から楽曲提供を受ける。

加藤一二三=フジテレビ提供

今回は、"ひふみん"の愛称で親しまれる加藤の夢をかなえるためのバスツアーを敢行。「ひふみんの人生でやりたい5つのことをかなえるバスツアー」と題し、矢部浩之、マツコ・デラックス、山里亮太とともに出発する。

最初にあげた夢は「歌を出したい」で、ピコ太郎を生み出した古坂大魔王に楽曲提供を依頼。古坂も、やるからには「紅白出場を狙いましょう!」と宣言し、4回も作り直したという曲は、加藤の生涯、思想を研究した上で生まれた歌詞、そして子供から大人まで誰もが歌いやすいメロディーで構成されたものだ。

これには加藤も「名曲だ!」と断言。早速初レコーディングが行われ、加藤の歌が入ったオリジナル曲が完成し、番組で初めて発表される。加藤は「紅白も頼まれたらやぶさかではない」と、夢を膨らませる。

さらに「雑誌のモデルになりたい」という夢も発表。協力してくれる雑誌が現れ、加藤のモデルデビューの瞬間も紹介される。

この日の放送では他にも、作家の西村京太郎と、ロックバンドのゲスの極み乙女。が登場。ゲス極の川谷絵音は、『アウト×デラックス』のためにオリジナル曲をつくってほしいという依頼を快諾し、"アウト軍団"たちから歌詞に入れてほしいワードを募りながら、即興で歌を作ることになる。

(C)フジテレビ

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事