リーアム・ニーソン、アクション映画から引退宣言「みんな、僕は60代だよ」

俳優のリーアム・ニーソン(65)がアクション映画の引退を宣言した。元スパイ役を演じた2008年のヒット作『96時間』など数々のアクションヒーロー役で知られるリーアムだが、巨額のオファーをいまだに受けるものの、その世界から足を洗うことにしたという。

リーアム・ニーソン(C)BANG Media International

トロント国際映画祭の会場でインタビューに応じたリーアムは「あのスリラー関係は全て偶然だったんだ。ああいう作品のためにまだかなりの大金を提示されるけど、『みんな、僕は60代だよ』っていう気分になるね。観衆たちはいつか『かんべんしてくれよ』って気になるさ」とその胸中を語った。

しかし、リーアムにはすでに撮影を終えている『ハード・パウダー』と『ザ・コミューター』の復讐スリラー作がまだ公開を控えている。「来年の1月あたりに公開される映画の撮影を終えたよ。あともう1本あるかもね。でもそれで終わりさ。『96時間』シリーズはもうないよ」とリーアムは続けた。

(C)BANG Media International

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事