オムロン×日建設計、人の数を検出するサーモパイル型人感センサーを開発

オムロンは、人の数を高精度に検出するサーモパイル型人感センサーを日建設計と共同開発し、東京電機大学(以下、TDU) 東京千住キャンパス新校舎5号館に約1,000台を納入したことを発表した。

人の数を検出するサーモパイル型人感センサー

同センサーは、MEMS非接触温度センサーを内蔵し、人からの放射温度を検出することで3.6m×3.6mの範囲にいる人の在/不在を16分割されたエリア毎に検知できるもの。256画素の温度データから、熱源をきめ細やかに捉えることで高精度な人数の把握が可能となっている。また、人の特徴点を捉えるアルゴリズムを搭載し、さまざまな熱源に対し、それが人なのかOA機器等なのかを判別することで人数把握の精度を高めている。

このセンサーを導入することで、照明の省エネ制御とともに人数に応じた部屋の換気量の調整ができ空調の省エネが可能となる。さらに、人の影響を除いた床の放射温度もセンシングすることで、人が快適と感じる最適な空調の温度が設定でき、省エネと快適の両立が実現できる。また、万一の災害時にも在室者の位置と人数を把握できるため、防災の向上にも役立つ。

TDUは「理工系大学トップクラスの省CO2エコキャンパス」を目指し、詳細なエネルギー消費量や設備機器の状態などの把握による省エネ活動に取り組んでいます。今回の新校舎のさらなる省エネの向上のために、新校舎の設計を担当する日建設計と共同開発したサーモパイル型人感センサーの採用を決定した。

なお、センサーの主な仕様は、サイズがφ120mm×65mm、検出範囲:3.6m×3.6m、設置高さ:2.7m~3.0m、出力:人の在/不在、人数、放射温度、照度、通信インターフェース:RS-485 Modbus-RTU、電源電圧:DC12~24V。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事