『刑事7人』最終回“驚愕の結末”に視聴者「右京さんなら絶対に説教!」

東山紀之が主演する『刑事7人』(テレビ朝日系列、毎週水曜21:00~)の最終回「正義」が9月13日に放送されたが、ラスト十数分で急展開。予想できない意外すぎる結末にインターネット上でも反響があり、平均視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。

この作品は、「第11方面本部準備室」室長の片桐正敏(吉田鋼太郎)、天樹悠(東山)、沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、山下巧(片岡愛之助)、堂本俊太郎(北大路欣也)と、作品のタイトル通り、個性的な“刑事7人”が難解な刑事事件に挑む姿が描かれ、これまで第1、2シリーズ共に高評を博し、7月から第3シーズンに突入。この第3シリーズでは、臨海エリアを舞台に“闇の存在”に迫るという大きな軸で展開。この最終回は、第2話の拉致事件で何者かに監禁されていた山下だったが、第9話で救出され、最後は“刑事7人”が揃い、臨海エリアの最強の敵に迫った。

ストーリーは、臨海エリアを裏で牛耳る大地主・馬久根恒義(山本學)が次々と狙撃されたが、天樹ら「第11方面本部準備室」の面々が阻止するも、狙撃犯の男2人がその場で自殺。その後、事件現場となったビルには、第三波として複数の爆弾も仕掛けられていたことも判明した。天樹らは、臨海エリアの利権を狙う謎の人物「御厨(みくりや)」によるテロの可能性を疑った。

その矢先、馬久根が天樹らを呼び出し、ある交渉を切り出した。天樹らが証拠をつかんでいる脱税の罪を認める代わりに、自分を殺そうとした首謀者を掴まえてほしいというのだ。だが、彼らにとって馬久根は、憎むべき最大の敵。彼のために捜査するのは本意ではないが、天樹らは逡巡しながらも、あくまで自分たちの意志で首謀者を洗い出そうと決意した。

まもなく、自殺した狙撃未遂犯たちの身辺から「御厨」との接点を暗示する証拠が見つかった。だが、ここにきて天樹が首をかしげた。臨海エリアの利権を狙う勢力が馬久根を殺害しようとするのは合理的だが、ビルの爆破に関してはどう考えても合理性が見受けられないからだ。「タワーを破壊することに意味があったのか?」と天樹は考えるが、この一連の犯罪計画には一体、どんな目的があるというのか? 「御厨」の正体も含め、捜査は混迷を極めていった。そこで、容疑者として“ある人物”に目を付けた天樹らは、捜査を続行。やがて、天樹はそれまで想像すらしなかった“驚愕の真相”に直面した……という内容だった。

放送終了の十数分まで、「御厨とは?」「犯人は?」と謎が謎を呼ぶ展開で、視聴者からも「今日で最終回なのか?」「本当に終わるのか? 次から『相棒』が始まるとは思えない」といった声があがっていたが、最後に急展開で犯人浮上。視聴者からも「え? マジか!」「嘘だろ!?」「右京さんなら絶対に説教!」と驚きの声が続出。まさに衝撃のラストを迎えたが、「緊迫感の続くいいドラマでした」「シリーズ続いて欲しい」「新シリーズも期待しちゃう!」と続編の望む声も寄せられていた。


本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事