オダギリジョー、主演映画『エルネスト』で「甘えや慣れを排除したかった」

10月6日公開の映画『エルネスト』のサポーター世界最速試写舞台あいさつが13日、東京・新宿のTOHOシネマズ 新宿で行われ、主演のオダギリジョー、阪本順治監督が出席した。

左からオダギリジョー、阪本順治

阪本順治監督の最新作となる同映画は、キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラの没後50周年を記念して日本とキューバ合作の作品。ゲバラの意志に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を描く。

主人公のフレディ前村ウルタードを演じたオダギリは「監督から初めてこの作品の話を聞いた時から、やりたい気持ちがいきなりマックスで、すぐに『やらせてください』と答えました」と即答したそうで、その理由を「20年も芝居をやっていると、甘えや慣れがつきまとい、そういうものをすべて排除して真剣に取り組まないと乗り越えられないハードルだと思いました。初心に戻してもらう意味でも、必ず乗り越えようと思って」と明かした。フレディ前村ウルタードというキャラクターを演じるにあたっては「日系とは言え外国人ですからね。そういう方を演じることが人生であるとは思っていなかったので、自分の中で失敗と思うような結果にしたくありませんでした。僕にとってこの映画は革命。今の日本映画でこういう映画を作るのは革命だと感じていたので、戦い抜こうという気持ちが強かったと思います」と並々ならぬ決意を持って臨んだという。

オダギリは、全編を通してスペイン語を話すなど、普段とは異なるアプローチで本作に挑んだことを告白。阪本監督は「日本にいる時から相当な準備をしていましたね。ゲリラのシーンから始まったんですが、その時のスペイン語を聞いて、僕らにとってのフレディだと確信できました。僕もスペイン語を覚えようとしたんですが挫折し、オダギリくんが何を喋っているのか分かりませんでした」とオダギリの流暢なスペイン語に舌を巻いた様子。また、2人はプライベートでもよくお酒を酌み交わす間柄のようで、「本人には言わないんですが」と断りを入れた阪本監督は「映画を観ればすごいと思います。僕も出来上がったモノを見返した時に、オダギリくんがすごいというのが1番の感想でした」と照れながらもオダギリを絶賛していた。映画『エルネスト』は、10月6日より全国公開。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事