ドルト、香川がアシスト記録も黒星発進…トッテナムがケイン2発などで勝利

トッテナムがホームでドルトムントを下した [写真]=CameraSport via Getty Images

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節が13日に行われ、トッテナムと日本代表MF香川真司所属のドルトムントが対戦した。

 レアル・マドリード、アポエルとともにグループHに入った両者。大事な初戦をホームで迎えるトッテナムはFWハリー・ケインやFWソン・フンミンらが先発に名を連ねた。一方、アウェイで勝ち点3獲得を目指すドルトムントは香川が今シーズン公式戦初スタメン。そのほか、新加入のFWアンドリー・ヤルモレンコらが起用された。

 試合は早い時間に動く。4分、自陣で奪ったボールをカウンターにつなげたトッテナムはハリー・ケインのスルーパスに抜け出したソン・フンミンがペナルティエリア内左に侵入。角度のないところから左足でニアサイドを打ち抜き、先制に成功した。

 だが、ドルトムントもすぐに追い付く。11分、右サイドのヤルモレンコがエリア内にパスを通すと、これを受けた香川がワントラップから後方へ落とす。走り込んだヤルモレンコが左足の鮮やかなシュートをゴール左上に決め、試合は振り出しに戻った。

 直後の15分、トッテナムは相手陣内でルーズボールをキープしたケインが強引にエリア内左まで持ち込み、左足でシュート。これがゴール上に決まり、勝ち越し点となった。

 その後はドルトムントがボールを保持してチャンスを伺ったが、ゴールを奪うには至らず、トッテナムの1点リードで前半を折り返す。

 後半立ち上がりの56分、ドルトムントはマフムド・ダフードがエリア内左に浮き球のパスを送ると、抜け出したオーバメヤンが右足ボレーをゴール右に叩き込む。しかし、オフサイドの判定で得点は認められなかった。すると60分、エリア内左でエリクセンからパスを受けたケインが左足のシュートをゴール右下に決め、トッテナムが貴重な追加点を奪った。

 2点ビハインドとなったドルトムントは66分、香川に代えてマリオ・ゲッツェをピッチへ送り出す。だが、その後はなかなか決定機を作り出すことができずに時間が経過。結局このままタイムアップを迎え、トッテナムが3-1で勝利を収めた。

 次節、トッテナムは26日にアウェイでアポエルと、ドルトムントは同日にホームでレアル・マドリードと対戦する。

【スコア】
トッテナム 3-1 ドルトムント

【得点者】
1-0 4分 ソン・フンミン(トッテナム)
1-1 11分 アンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント)
2-1 15分 ハリー・ケイン(トッテナム)
3-1 60分 ハリー・ケイン(トッテナム)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事