高畑充希と竹内涼真の結婚式シーン「ボロ泣き」「感動」と話題に

高畑充希が主演を務める連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の最終話が9月13日に放送。高畑演じる根本カホコと、竹内涼真演じる麦野初が、結婚式を挙げるシーンが話題を集めた。

遊川和彦が脚本を務める本作は、21歳にして生活のすべてにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・根本加穂子=カホコ(高畑)が、自分とは正反対の環境で育った1人の青年・麦野初(竹内)と出会って成長していくホームドラマ。親の徹底した庇護のもと、愛情だけを一心に注がれてきたおかげでその屈託のない笑顔だけは天使のように可愛らしい超天然人間のカホコが、初との恋をきっかけに自立心が芽生え、ついには両親に初との結婚を宣言するまでに成長。しかし、病気を抱えた母方の祖母・初代(三田佳子)が亡くなってしまい、家族の絆が試される事態となってしまった。

最終話で、「家族を失って辛い時こそ結婚すべきだ」という初の言葉に後押しされたカホコは、看病疲れで体調を崩しながらも結婚に反対する母・泉(黒木瞳)と父・正高(時任三郎)に、改めて結婚を認めてもらえるよう頑張ると宣言。さらに、親戚一同が抱えていた様々な問題を、自分なりの方法で次々に解決していくカホコ。

そして、改めて両親のもとを訪ねて、考え抜いた自分のプランを説明する。正高を説得することには成功したが、泉は納得できない様子。その後、親戚一同が張り切り、カホコと初の結婚式の準備が進むが、トラブルが続出してしまう。式を挙げられないかもしれないと落ち込む一同だったが、そこに覚悟を決めた泉が現れ、その場を仕切り始める。その結果、無事に結婚式を挙げるのだった。

この一連の流れを受け、ネット上では「カホコでボロ泣きである」「泣ける」「感動や」といったコメントが続出。「お父さん良いわ~」「お父さんの“カホコを不幸にしたらぶっ殺す”が本気の目だった(笑)」「ラプンツェルのウエディングみたい」などと話題を集めていた。

また、指輪をはめるという肝心なところで、緊張からか指輪を落としてしまう初。その指輪を泉が必死に追いかけて見事にキャッチ。そして、カホコに思いの丈をぶつけるのだった。これには、「お母さん脚早い!」「ママ強すぎる」「ママすげー!」といった声が上がっていた。


本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事