読売テレビ新人・中村秀香アナ、宮根誠司から「これ以上太らない方がいい」

読売テレビ新人の中村秀香アナウンサーが13日、同局・日本テレビ系情報番組『情報ライブミヤネ屋』(毎週月~金曜13:55~)に、代打MCとして出演。コンビを組んだフリーアナウンサーの宮根誠司に「これ以上太らない方がいいと思います」と忠告された。

宮根誠司(左)と中村秀香アナ=読売テレビ提供

レギュラーでMCを務める林マオアナが夏休み中のため、この日は中村アナがピンチヒッターとして登場。放送終了後、宮根に「まずお腹から声が出ているのが素晴らしい、すごいなと思いました。普通(の新人)だったら緊張して、なかなか出ないもの」「入社半年でしょ? 僕なんかボロボロでしたから、『もう無理だ』と思って、辞めようと思ってましたから」と絶賛されると、中村アナは「宮根さんに助けていただいて…」と謙そんした。

一方で宮根は、内定から入社までで5キロ太ったという中村アナに「あとはこれ以上太らない方がいいと思います」とチクリ。関西で愛されるアナウンサーになるためのアドバイスとして、「中村さんはいつも笑顔で明るいので、テレビの前でも笑顔を忘れず、視聴者の人に『元気で明るい子だな』と思われるように。あとはカメラに向かって横向きになっているので、ちゃんと顔をカメラに向けて」と、ダメ出しした。

中村アナは10月から、読売テレビPR隊長を務める。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事