理研など、肥満に影響する遺伝マーカーを解明

理化学研究所(理研)は9月12日、日本人約16万人の遺伝情報を用いた大規模なゲノムワイド関連解析(GWAS)と日本人約1.5万人による再現性の検証、ならびに欧米人約32万人との民族横断的解析を行い、体重調節に関わるヒトゲノム上の193の遺伝的変異(感受性領域)を同定したと発表した。

同成果は、理研統合生命医科学研究センターの久保充明 副センター長、統計解析研究チームの鎌谷洋一郎 チームリーダー、秋山雅人 リサーチアソシエイトらの研究グループ、東北大学東北メディカル・メガバンク機構の山本雅之 機構長ら、岩手医科大学いわて東北メディカル・メガバンク機構の清水厚志 部門長代理ら、国立がん研究センター社会と健康研究センターらとの共同によるもの。詳細は英国の学術誌「Nature Genetics」オンライン版に掲載された。

肥満はさまざまな病気の発症リスク因子であり、その原因は食べすぎや運動不足だけではなく、遺伝的な影響も大きいことが知られている。しかし、遺伝要因が体重の個人差をもたらす生物学的なメカニズムについては、十分に解明されていなかった。

また、過去の大規模な研究は欧米人が対象であり、ゲノム情報は集団によって異なるため、それ以外の集団での研究は新たな知見をも足らず可能性が高いと考えられている。

今回の研究では、生体試料バンク「バイオバンク・ジャパン」に登録された日本人約16万人の遺伝情報を用いてGWASを実施し、さらに欧米人約32万人で行われたGWASとのメタ解析を行った。その結果、体重に影響すると考えられる193のゲノム上の感受性領域を同定するこちとに成功したという(このうち、112領域は初めて同定された)。

研究で実施した日本人集団のGWASのマンハッタンプロット(出所:理研Webサイト)

また、組織特異的なエピゲノム情報とGWASの統合解析により、過去に報告されていた脳の細胞に加えて、免疫細胞のリンパ球が体重調節において主要な役割を果たすことを示す複数の遺伝学的な証拠を見いだした。

さらに、GWASの結果を用いて、33の病気と体重の遺伝的な関わりを評価したところ、2型糖尿病や心血管病などの生活習慣病だけでなく、精神疾患、免疫・アレルギー疾患、骨関節疾患における遺伝要因と体重の個人差に関わる遺伝的因子との間に共通性があることを見いだしたとしている。

体重と病気の遺伝学的相関 (出所:理研Webサイト)

なお、今回の成果について同研究グループでは、体重の個人差に影響する遺伝要因について、遺伝学的な知見だけでなく、体重と病気との関わりや、生物学的に関連する組織や細胞型など広範な視点から新しい知見を提供するもので、今後、体重に関わる幅広い科学分野での研究の発展に寄与するものとコメントしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事