ほのかりん、歌手デビュー曲で描いた「恋の終わり」 - 歌声と歌詞褒める声

タレント・ほのかりん(20)が、20日にリリースする配信限定曲「メロンソーダ」で歌手デビューすることが13日、明らかになった。同曲はほのかの作詞・作曲で、今後も毎月のシングル配信を予定。10月23日に東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで開催される「TIMM(TOKYO INTERNATIONAL MUSIC MARKET)」に出演することも決定している。

歌手デビューするほのかりん

昨年9月、当時交際関係にあったロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)との未成年飲酒(当時)が週刊誌『週刊文春』で報じられ、所属事務所を解雇されたほのか。その後、「世界にひとりだけの女の子」を探すオーディション「ミスiD 2018」にエントリーし、セミファイナルまで進んだ。

12歳の時からギターを始め、17歳となった2013年には友人のモデルらと共にガールズバンド「コムシコムサ」(フランス語で「まあまあ」の意)を結成。2016年には日本レコード協会主催イベント「Coming Next 2016」に出演し、メジャーデビューに向けての準備を重ねていたが、音楽の方向性の違いからソロ志向が高まり、バンドを脱退していた。

一度は諦めかけた夢。自ら「ミスiD」にエントリーし、表現者としてのセカンドチャンスに挑んだことが、今回の配信デビューにつながったという。

「メロンソーダ」MVより

ソロデビューを飾る「メロンソーダ」は、「女性側から見た恋の終わり」を表現したもの。すでに公開されたMVのコメント欄には「意外といい曲、声だなって思った」「歌は結構惹かれるかも」「かっこいい」「興味本位で聴いたけど歌声好き」など、ツイッター上でも「超カッコ良かった」「歌詞がリアル」「世間に見つかって寂しい」といった感想が書き込まれ、概ね好評の声が広がっている。

今回の発表を受け、ほのかは自身のツイッターを通じて、「昔から私のこと知ってる方はわかるかも」「自己紹介的なmvですが、是非是非きいてみてください、お見知りおきを」「売れる売れないとか、きっとこれから大事になってきますけど、そんなことじゃなくて、私をもっとみてよ」など、同曲とソロデビューに込めた思いをつづっている。



関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事