キヤノン、1ルクスの低照度でも撮影できる小型多目的モジュールカメラ開発

キヤノンは、新たなビジネスでの活用を目的とした小型多目的モジュールカメラ「MM100-WS」を開発したと発表した。

新規ソリューションビジネスのイメージ

同製品は、カメラ本体の大きさが約40(幅)×21.6(奥行き)×40(高さ)mmと、非常に小型な多目的モジュールカメラ。1ルクス程度の低照度環境下でも撮影が可能な高感度を実現しているほか、防塵・防滴性能や高い堅牢性へのニーズに応えるためのモジュール開発を進めるなど、さまざまな環境に対応するカメラへのカスタマイズを可能にする設計を採用している。さらに、キヤノンは、ユーザーの要望に応じて、同製品のAPIを公開予定で、ユーザーは幅広いソリューションにおいて「MM100-WS」を活用することが可能となる。

用途としては、狭小スペースでの監視や配管内の点検のほか、車載用カメラ、映像制作機材、各種作業支援ツールとしての使用など、さまざまな業務・産業用途で活用されることが想定されている。なお、活用事例が10月11日~13日開催の展示会「テロ対策特殊装備展’17」や、11月15日~17日開催の展示会「Inter BEE 2017」のキヤノンブースで参考展示される予定となっている。

同社は今後、ユーザーの求める幅広い用途や使用シーンに合わせてカメラをカスタマイズできるよう、各種モジュール・アクセサリー・ソフトウエアなどを開発・公開し、同製品を活用した新たなイメージングソリューションビジネスを構築、提案していくということだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事