CTC、NVIDIAのAIスーパーコンピュータ「DGX-1」を販売開始

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は9月12日、米NVIDIAのAIスーパーコンピューター「DGX-1」の販売を開始した。画像や音声などのデータを機械的に認識し、分析するディープラーニング技術を利用して、業務の自動化や予測の高度化を図る製造業や情報サービス業、流通業の企業を中心に展開する。CTCは、同製品を含むAIシステムの構築や運用サービスと合わせ、3年間で20億円の売り上げを目指す。

DGX-1の外観

DGX-1は、NVIDIAが並列コンピューティングやディープラーニングに向けてハードウェアのアーキテクチャを最適化したAIスーパーコンピュータであり、960テラFLOPS(1秒間に960兆回の浮動小数点数演算)の性能を実現するGPUを搭載し、処理の高速化を図っている。

画像や音声認識、自然言語処理などのディープラーニングの各種ソフトウェアやDockerによるコンテナ技術を備えており、DGX-1のユーザーは環境の準備に時間を費やすことなくディープラーニングに取り組むことができるとしている。

また、NVIDIAが提供するクラウドサービスにより、DGX-1のハードウェアの状態確認やソフトウェアの最新版への更新などが容易に可能だという。CTCは、企業データの分析や評価を担う大規模なシステムや、グリッドのAI開発基盤「ReNom」を利用した製造業やサービス業でのディープラーニングシステムの構築実績があり、既存システムとの連携やフロントエンドの開発などを含めて、DGX-1の導入設計から各種の設定、運用をサポートする。

GPUを使用する製造や建築向けのソフトウェアも自社開発しており、DGX-1を中心とするシステムのインフラからアプリケーション開発を含めて、ユーザー企業の目的に応じたAIシステムを提供する。

CTCはNVIDIAのパートナープログラムである「NVIDIA Partner Network」のディープラーニング分野で国内初のパートナー認定「Deep Learning Competency」を受けており、NVIDIAとの連携のもと、DGX-1の普及を通してユーザー企業の業務効率化やデジタルトランスフォーメーションに貢献していくという。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事