米IBMとMITがAIの共同研究に向けてラボを新設

米IBMとマサチューセッツ工科大(MIT)は9月7日(現地時間)、両者が連携し、MIT-IBM Watson AIラボを設立するために、10年間にわたり2億4000万ドルの投資を計画していることを発表した。同研究所では、人工知能(AI)に関する基礎研究を行い、AIの潜在能力を引き出す科学的ブレークスルーの促進を目指す。

今回のコラボレーションは、ディープ・ラーニング(深層学習)やそのほかの分野に関連するAIハードウェア、ソフトウェア、アルゴリズムを発展させ、ヘルスケアやサイバーセキュリティなどの業界におけるAIの利用効果を高め、社会に与えるAIの経済的および倫理的な影響について研究することを目的としている。IBMの2億4000万ドルの投資は、両者の研究員による研究を支援する。

同研究所は、AIに関する長期的な産学連携の1つとなり、米マサチューセッツ州ケンブリッジに設立され、100人を超えるAIに携わる研究員、大学教授、学生などの人材を集め、共同研究を推進。研究所の所長は、IBM Research バイス・プレジデントAI and IBM Q担当のダリオ・ギル(Dario Gil)氏と、MIT工学部のアナンサ・P・チャンドラカサン(Anantha P. Chandrakasan)学部長が共同で務める。

両者は、「AIアルゴリズム」「AIのための物理学」「AIの産業応用」「AIのもたらす豊かさの社会的共有」といった複数分野で、AIサイエンスとテクノロジーの限界を押し上げるための共同研究のアイデアの提案を、両者の研究員に求めることを計画している。

AIアルゴリズムでは、機械学習と推論の能力を拡張するための高度なアルゴリズムの開発として、研究者は複雑な問題に取り組み、堅牢な継続的学習からメリットを得るような、専門的なタスクに限定されないAIシステムを新たに開発するほか、ビッグデータが利用可能な場合には活用する一方、限られたデータからも学習して人間の知性を拡張できる新しいアルゴリズムを開発する。

AIのための物理学については、AIモデルの学習と導入について新しいアナログコンピューティングのアプローチを実現するような新しいAIハードウェア材料、デバイス、アーキテクチャーについて、また量子コンピューティングと機械学習の組み合わせについて研究。後者では、AIを利用して、量子デバイスの特性の調査と改善を支援することに加え、機械学習アルゴリズムとそのほかのAIアプリケーションを最適化し、高速化するための量子コンピューティングの利用についても研究する。

AIの産業応用に関しては、IBM Watson Health and IBM Security本部とケンドール・スクエアは生物医学イノベーションの世界的な中心地にあることを活かし、ヘルスケアやサイバーセキュリティーなどの分野で専門家が利用する、新しいAIアプリケーションを開発。このコラボレーションにより、医療データのセキュリティとプライバシー、医療のパーソナライゼーション、画像解析、患者別の最適な治療方針などの分野で、AIの利用が検討されている。

AIのもたらす豊かさの社会的共有では、研究所において広範な人々、国、企業に対して、AIがどのように経済的、社会的なメリットをもたらすことができるかを検証。また、AIの経済的影響を研究し、AIがどのように生活を豊かにし、個々人の目標の実現を支援できるかを調査する。

AIの未開拓分野の研究を前進させるイノベーションを生み出すIBMの計画に加え、新しい研究所はMITの教職員と学生が研究所で開発されたAIに関する発明やテクノロジーを商用化するための企業を立ち上げるよう促すことを明確な目標にしている。さらに、研究所の研究員も研究成果を公表し、オープンソース・マテリアルの公開に貢献するほか、AIの倫理的な適用を支持する活動に取り組む考えだ。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事