トヨタ、ナビを自動でクラウドと車載機処理に切替えるハイブリッド方式開発

トヨタ自動車(以下、トヨタ)は、車載通信機DCMの標準設定を柱とする「コネクティッド戦略」の一環として、クラウドと車載機を融合したハイブリッド方式のナビ機能「音声認識機能」を開発した。導入時期は2017年秋以降で、国内で発売される新型車のナビシステム(メーカーオプション)に順次展開される。

ハイブリッドナビ機能

通過時間のばらつき考慮 (ルートA)平均時間は長いが、ばらつきが小さい (ルートB)平均時間は短いが、ばらつきが大きい

同機能は、多くの車から収集した車両プローブ情報と、外部情報を組み合わせたデータベースを用いて、ルート探索、および施設検索処理をクラウドにて行い、車載機に配信するもの。速い応答性が要求される場合には、自動的に車載機での処理に切り替えて対応する。この機能により、「より早く到着するルートを探索することができる」、「より多くのルートの選択肢から選択できる」、「より自由度の高い目的地検索ができる」、「より簡単に、発話でマルチメディアシステムを操作できる」といったサービスが提供されるという。

クラウドによるルート探索では、各道路に対する通過時間のヒストグラム(確率分布)を蓄積した所要時間データベースに加え、より早く到着するルートとより正確な到着予想時刻を案内するために、所要時間の平均値とばらつきを考慮してルート探索を行う。また、区間が同一であっても、その進入方向や退出方向によって所要時間に差異が発生するため、区間当たりの所要時間に進入・退出を組み合わせた複数の時間データを考慮することで、ルートの所要時間をより正確に算出することができる。さらに、クラウドで処理を行うことによって、ユーザーが車両を購入した後もルート種別を増やすことができる「拡張ルート」機能を実現した。新しいルート種別はセンターからダウンロードすることで追加可能で、その第1弾として「関東ETC2.0料金割引優先ルート」が提供される予定となっている。

また、従来のクラウドによる音声認識機能は、自然な発話の認識ができるが、操作対象は目的地検索や天気などのサーバーアプリケーションのみが対象になっていた。一方、車載機による音声認識機能は、認識可能なフレーズに制約があったため、住所で目的地を登録するには、「目的地」→「住所」→「東京都文京区~」のように、数個のフレーズを覚えて使う必要があった。この2つの音声認識機能は別システムとなっており、使いたい機能に応じてシステムを使い分ける必要があったが、「ハイブリッド音声認識」機能では、クラウドによる音声認識の「自然な発話が認識できる」、「多量な施設名称の認識ができる」という利点、車載機による音声認識の「応答性が速い」という双方の利点を活かし、発話内容や状況に応じて、クラウドと車載機の機能を自動で使いわけることで、ユーザーは使いたい機能を意識することなく「駐車場のある蕎麦屋を探す」、「エアコンの風量を最大にする」等の自然な発話で各操作が可能になったということだ。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事