メタップス、時間を売買できるiPhoneアプリのβ版を提供開始

メタップスは9月11日、さまざまな時間を10秒単位で売買できる時間取引所「タイムバンク」のiPhoneアプリをβ版としてリリースしたことを発表した。

タイムバンクは、技術者や経営者、アスリート、歌手など「専門家」と呼ばれる人々の空いている時間を、一般のユーザーが購入・活用・売却・保有することができる時間の取引所。

タイムバンクにおいて専門家は自分の時間を販売することができ、ユーザーは主に「時間を買う」「時間を使う」「時間を売る」「時間を持つ」の4つを実現することができる。

具体的には、興味のある専門家が発行(販売)する時間を購入できるほか、条件を満たすとリワードとして時間を利用することが可能。買ったけど使わない時間は欲しい人に売ることができ、専門家を応援したい場合は時間を持ち続けることができる。

時間を発行(販売)した専門家は、販売した時間の収益を原資に自分の価値を高める活動に専念することが可能で、ユーザーは専門家の活動を間接的に支援できるようになる。

なお、タイムバンクではオンライン上の影響力をスコア化し、スコアが57以上の方を対象に時間の発行(販売)を申請できる仕組みを採用する。申請後は、影響力・信頼性・専門性の3点を軸に運営スタッフが審査する。

初期は、専門家が一度に売り出せる時間は1000万円未満となるように制限を設け、影響力の強い専門家側が一方的に有利になることが無いように配慮した運営を行っていく予定。

また、専門家とユーザーのお金のやりとりに関しては、すべて同社が決済の仲介に入り、安全な取引をサポートする。自社の決済事業を通して毎年1000億円以上の決済処理を行ってきた基盤と、上場企業としての健全な財務体質および四半期毎の業績開示による透明性の確保により、専門家およびユーザーの方々が安心して利用できる運営体制の構築に努めていくという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事