JALとトリップアドバイザー、訪日旅客の国内旅行需要喚起で協業へ

日本航空(以下、JAL)とトリップアドバイザーは9月11日、訪日旅客の増加が見込まれる2020年に向け、トリップアドバイザーサイト上に構築する日本特集サイトにて日本の知られざる魅力を発信することで、訪日旅客の国内旅行を喚起する取り組みを共同で行うことを発表した。

トリップアドバイザーのユニークセッションデータによると、世界の旅行者の日本への関心は年々高まっており、日本関連ページの閲覧者は過去4年間に、毎年平均30%の増加を見せているという。一方で、その閲覧先はすでに認知度の高い東京・大阪・京都といった都市に偏っている。

今回新たに構築する日本特集サイト「Untold Stories of Japan(知られざる日本)」では、まだあまり知られていない日本の魅力的な各地域、都市、施設に焦点を当てて情報を配信していく。

同サイトは、2017年10月中旬以降に公開されるを予定。まずは東北地方や九州地方、沖縄、東京近郊の都市に焦点をあてた映像コンテンツを中心に展開する。デスクトップ、タブレット、モバイルから閲覧が可能で、英語や中国語(繁体字)、タイ語をはじめとする多言語に対応予定だ。

JALは今後、独自の日本コンテンツの提供ならびに情報支援などを行い、トリップアドバイザーは主にサイトの構築・運営ならびに映像コンテンツの制作を担当。両社は協力しながら2020年までにコンテンツを拡充し、さらには地方自治体・企業・観光施設等とも連携し、特集サイトの充実を図っていく。

また、今回の協業により、JALは訪日旅客専用運賃となる「JAL Japan Explore Pass」を紹介することで国内線事業収益力の強化を、トリップアドバイザーは訪日旅客に対するさらなる情報の充実を図る考えだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事