河北麻友子、ジェダイ風ミニワンピで美脚あらわ「レイア姫は憧れの女性」

モデルで女優の河北麻友子が11日、東京・六本木のTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のスペシャル・ファンミーティングに出席。ジェダイをイメージした茶色のニットワンピースで『スター・ウォーズ』への熱い思いを語った。

河北麻友子

イベントでは、来日した本作のライアン・ジョンソン監督が、集まったファンの質問に答える形で作品についてトーク。家族全員がスター・ウォーズファンと公言する河北も、同じく大ファンだという歌舞伎俳優の尾上松也と共に、ファン代表として参加した。

米ニューヨークで生まれ育った河北は「アメリカだと小さい頃から観ているもの。物心つく前からずっと観ていた」と、自身と『スター・ウォーズ』との関わりを説明。「プリンセス・レイアが一番好きで憧れの女性。そこから好きになりました」と明かした。

また、河北は監督に、最新作でのおすすめの新キャラクターを質問。監督はローズというレジスタンスのキャラクターを挙げ、「演じているのはケリー・マリー・トランというデビューしてまもない新人女優。現場でも太陽の日差しのような方で、ファンの方にも早く会ってほしいと思っているキャラクターです」と魅力を語った。

イベントには、シリーズ前作に登場するドロイドのC-3PO、R2-D2、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で新たに加わったBB-8も登場。可愛らしい動きとピコピコといった通信音で会場を盛り上げた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事