『スター・ウォーズ』監督、"レイア姫"C・フィッシャーとの最後の会話明かす

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)のライアン・ジョンソン監督が11日、東京・六本木のTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われたスペシャル・ファンミーティングに出席。昨年12月に亡くなったレイア姫役のキャリー・フィッシャーさんについて語った。

ライアン・ジョンソン監督

全米興行収入ランキング歴代1位を記録し歴史に名を刻み、日本でも大ヒットとなった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の"その後"を描く本作。イベントでは、一般来場者からジョンソン監督への質疑応答の時間が設けられた。

その中で、キャリー・フィッシャーさんについて、最後に彼女と交わした会話の内容を聞かれると、「キャリーさんと出会えたことは、この作品を手掛ける中でのすべての体験の中でのハイライトだった。彼女がもうこの世にいないことがさみしくて仕方ありません。でも少しでも時間を共有できたことを本当に感謝しています」とキャリーさんへの思いを語った。

そして、「最後にお会いしたのは60歳の誕生日だった」と明かし、「映画に関わった体験がいかにすばらしいものだったか声をかけていただいて、早くお見せしたいということを話した」と会話の内容を説明。「実際には見てみていただけなかったことを寂しく思っている」と無念な胸中を吐露した。

続けて、「一人のファンとして、彼女を実際に知っていた人間として、ファンの方々がどれだけの喪失感を感じていらっしゃるか理解しているつもりです」と言い、「彼女がこの作品で美しい演技をしてくれていること、それが残っていることは心から良かったと思っていますし、彼女にさようならと言えなかったすべてのファンにとって意味深い体験になれば」と語ると、会場に集まったファンから温かい拍手が起こった。

イベントには、スター・ウォーズファンの代表として歌舞伎俳優の尾上松也、モデル・女優の河北麻友子も出席。そして、人気ドロイドのC-3PO、R2-D2、BB-8も登場した。

後列左からC-3PO、ライアン・ジョンソン監督、河北麻友子、尾上松也、前列左からBB-8、R2-D2

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事