アライドテレシス、ネットワークセンサでサイバー攻撃をリアルタイム検知

アライドテレシスと、アズビル セキュリティフライデーは9月11日、アズビル セキュリティフライデーのネットワークセンサ「VISUACT-X」をアライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と組合せ、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを提供していくことに合意した。

VISUACT-X とSESの連携構成概要

VISUACT-Xは、ITシステムに侵入したサイバー攻撃を検知するネットワークセンサ。ITシステムの内部への侵入を許してしまったサイバー攻撃をリアルタイムで検知し、拡散や基盤構築などの攻撃準備をしている段階で検知することで、被害が発生する前に対策を講じることが可能になるという。

アライドテレシスの「Secure Enterprise SDN(SES)」は、SDN技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、セキュリティの強化、および、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減を実現する。

VISUACT-Xにより、多様化・巧妙化しているランサムウェアやマルウェアなどのサイバー攻撃が特に悪用するWindowsの通信プロトコル「Server Message Block」(SMB)による組織内通信を監視し、サイバー攻撃を検知する。

サイバー攻撃を受け感染した端末を検知した際、管理者による制御指示メールにて被疑端末の通信を遮断、もしくは、VLAN隔離することで被害、および、内部拡散を防止する内部対策ソリューションを提供するとしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事