キヤノン、宮崎県にデジタルカメラ生産を担う新拠点

キヤノンと宮崎キヤノンは9月8日、宮崎県児湯郡高鍋町(こゆぐんたかなべまち)に、デジタルカメラの新たな生産拠点を建設すると発表した。

高鍋町は、宮崎県中央部の海岸沿いに位置する町。キヤノンは約230億円を投資し、敷地面積約270,000平方メートル、延床面積54,900平方メートルのデジタルカメラ生産拠点を建設する。操業開始は2019年8月の予定だ。

キヤノンは、2016年度からの5カ年計画「グローバル優良企業グループ構想フェーズV」をもとに、新規事業の育成、強化に取り組みつつ、現行事業を再強化しているという。今後、九州内の大分キヤノン、長崎キヤノンと連携し、最適な生産体制を構築していくとしている。

人気記事

一覧

新着記事