パパと赤ちゃん

 

パパと赤ちゃん

ーー今回はパパについてのお話をお聞きしたいと思います!もらいづわりになってしまうくらいママ想いのパパでしたが、りゅうせいくんが生まれたときの様子を教えてください。

hironoc
予定日の1ヵ月前に出産になり、息子は生まれてすぐNICUに運ばれることになったんです。私は産後の処置などで分娩室に残っていたので、夫が息子に付き添い、息子の容態や今後のことなどの説明を先生から聞いてくれました。動けない私のかわりに病室とNICUを何度も往復し、写真や動画を撮って逐一様子を報告してくれました。

ーー急なことで大変でしたね……! 

hironoc
想像を越える形でドカンと息子が誕生したことで、戸惑う隙なく現実に向き合うことに私も夫も必死でした。生まれて1ヵ月くらいは息子の検査が続き、不安と心配で、検査のことや症状などをインターネットで調べてばかりの毎日でしたね。でも最終的に「どんな結果でも受け止めて、その上で向き合って考えよう!」と、夫と話し合いました。今でも夫とそのときのことを振り返るたび、「私たちはあのとき息子に一気に親にしてもらったねえ」とよく話しています。

ーー夫婦でしっかりと相談をし、初めての育児に向き合っていったのですね。パパは産後はどのように育児に協力してくれましたか?

hironoc
タイでの出産で、両親が手伝いに来る予定もなかったため、夫は“育児頑張るぞ!感”をメラメラと発していました。

ですが、無事に息子がNICUから退院になり、いざ家で息子を迎えると、「小さくて触れるのが怖い……」となってしまって。出産前の両親学級では沐浴の練習などにも参加して、「お風呂は自分が!」と意気込んでいましたが、入れてみると「赤ちゃんが動いて怖い!」とすぐに私にバトンタッチ。

その他のことも実際にやってみると色々とうまくいかないようで、「おっぱいが出たらなあ」とぼやいてみたり、「なんでこんなにうまくいかないんだろう……」とだいぶ落ち込んでいた時期がありました。このまま夫が育児ノイローゼになったらどうしよう、となかなか不安になりましたね。


本記事は「コモドライフ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

新着記事