OKI、920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」の省電力機能を強化

沖電気工業(OKI)は、920MHz帯無線と省電力(電池駆動)のマルチホップ中継機能に対応する、組み込み式のモジュール「SmartHop SR無線モジュール」において、通信の信頼性および省電力性能をさらに向上した機能を追加し、IoT市場の機器ベンダー向けに販売を開始した。価格はオープン。

SmartHop SR無線モジュール

昨今、インフラ構築物の老朽化や自然災害への対応に向けてIoTへの期待が高まっており、社会インフラの監視や雨量・風速、土砂災害、河川氾濫などの災害状況の監視など、外部電源が無く配線工事が困難な場所へセンサーを設置して管理する需要が高まっている。そのため、IoTサービスとしては、ワイヤレスでネットワークに接続し、電池やエナジーハーベスティング技術による自立電源で動作させ、設置の容易性を確保することが求められている。

OKIはこうしたニーズに着目し、920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop SR無線モジュール」に、高度なスリープ制御による省電力機能を備えることにより、10年を超える電池駆動やエナジーハーベスティング技術との組み合せによる自立電源駆動を実現した。これにより、社会インフラなどの屋外における電源がない環境へ「SmartHop」の適用領域を大幅に拡大した。

今回の機能強化では、親機に省電力機能を追加し、データ収集装置の電池駆動を実現したほか、無線機間の通信で優先通信経路の固定化機能、強化されたセキュリティ機能を追加している。

さらに、今回の追加機能は「ソフトウェアバージョンV2.0」としても提供し、従来タイプの「SR無線モジュール」のユーザーは、同社Webサイトからソフトウェアを無償でダウンロードし、バージョンアップすることで利用可能ということだ。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事