2017年7月の世界半導体市場は前年同月比24%増の326億ドルに到達 - SIA

米半導体工業会(Semiconductor Industry Association:SIA)は9月5日(米国時間)、世界半導体市場統計(WSTS)の集計に基づく2017年7月度の世界半導体販売額が、前年同期比24.0%増、前月比3.1%増の326億ドルに達したと発表した。

半導体市場は2016年8月以来、12か月にわたって、前年同月比でのプラス成長を継続してきたが、今回の同24%増という成長率は、その中でも最高の成長率となり、世界の半導体市場が、2017年の下半期に入っても好調であることを示すものとなるといえる。

世界における半導体の販売額(青線表示、左軸、単位:10億ドル)および前年同月比の増減率(赤線表示、右軸、%)の推移 (1996年1月~2017年7月、実績値) (出所:WSTS)

米国の販売額がダントツで増加

地域・国別売上高を見ると、すべての地域で前年同月比、前月比ともにプラス成長を続けているが、中でも米国が前年同月比36.1%ともっとも高く伸びており、順に中国が同24.1%、アジア・パシフィック・その他が同20.5%、欧州が同18.9%、日本が同15.7%増となっている。また、前月比で見ても米国が同5.4%と高い成長率を示しており(他の地域・国は総じて1~2%の成長率)、米国での販売が好調であることがうかがえる。

なお、SIAの会長兼CEOであるJohn Neuffer氏は、今回の動きについて、「世界のすべての地域で半導体販売額が増加しており、2017年通年の世界売上高は、昨年に続き2年連続で過去最高への道を歩んでいる」とコメントしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事