日テレ岩本乃蒼アナ「「120%の力で」『NEWS ZERO』キャスターに就任

日本テレビ系報道番組『NEWS ZERO』(月~木曜 23:00~ 金曜 23:30~)の新キャスター発表取材会が7日、東京・汐留の同局内で行われ、新たに同番組のキャスターを務めることになった岩本乃蒼アナウンサーが出席した。

岩本乃蒼アナウンサー

現在、担当をしている朝の報道番組『スッキリ!!』(毎週月~金曜 8:00~)を9月末で卒業し、『NEWS ZERO』で月~木曜日を担当している久野静香アナウンサーに代わり、10月2日から新キャスターとしてニュースとカルチャーコーナーを担当することになった岩本アナは、「採用試験のときから、日本テレビで担当したい番組は何かと聞かれたときに『NEWS ZEROです』とお答えしていたので、本当に光栄だなという思いでいっぱいです」と感無量の面持ちを見せた。

また、岩本アナは「(同番組は)ニュースを分かりやすく伝えたい、未来をよくしたい、誰かのためになるような報道をしていきたいという変わらない思いでここまで来ていると思います。その一員になると思うと責任も感じますが、自分ができることを120%の力で臨んでいきたいという思いでいっぱいです」と意気込み、同番組は10月から放送開始12年目に入るが、「新しいアナウンサーが入るということで、新しい風を吹かせていきたいと思います。東京オリンピックを迎える3年前に『NEWS ZERO』のキャスターになれるのは、私にとって大きなチャンスだと思いますので、カルチャーのキャスターとして、東京の街の移り変わりであったり、人の盛り上がりであったりを、一生懸命追って、自分の耳で聞いて、目で見て伝えていきたいと思います」と力を込めた。

さらに、高校1年生のときに1年間スペインに留学した経験があり、スペイン語やカタロニア語、フラメンコが特技という岩本アナは、そんな特技を同番組にどう活かしたいか尋ねられると、「海外への取材、特に南米にはいま興味があるので、南米からいらっしゃった方との対談や、サッカーもスペイン語の方も多いですし、特技のフラメンコもどこかのタイミングで伝えられることがあれば、情熱的なスペイン語と踊りで取材したいと思っています(笑)」と目を輝かせた。

また、同番組で会いたい人や取材したい人はいるか聞かれると、「入社当初の研修で“2020年にどんなアナウンサーになっていますか?”という質問に自分で原稿を書いて読むというものがあって、東日本大震災という事象を交えてアナウンサーを目指したいという思いがあったので、そこを起点に原稿を書いたんですけど、何故か、そのときに『NEWS ZERO』の歌を担当されていた福山(雅治)さんと一緒に取材をするという文言があったので、福山さんにお話を伺いたいですし、福山さんがどのように世の中を見ているのかというのを、付き添うような取材ができたらなと思います」と胸を膨らませた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事