電通、"人"基点のマーケティング統合フレームワーク「People Driven Marketing」

People Driven Marketing(電通デジタル公式サイト)

電通と電通デジタルは、"人"基点での電通グループ内のマーケティング手法を結集した統合フレームワーク「People Driven Marketing」を開発したことを7日、発表した。

"ダイバシティ"という言葉に代表されるように多様化する社会、モバイルの浸透やテクノロジーの急速な発展とデジタル時代におけるマーケティング手法やフレームワークも旧来からの進化が求められている。

電通と電通デジタルマーケティングは、ビジネスやマーケティングの課題をあらためて"人"基点で捉え直し、"本当に必要な人に、必要な場所で、必要なタイミングで、求められるコンテンツを提供する"ことをゴールにした統合フレームワーク「People Driven Marketing」を開発。データ基盤となるDMP「dPublic」を機能強化し「People Driven DMP」と改名した。

電通デジタルの公式サイトには、People Driven Marketingの理念を説明する特設サイトが設置してある。従来の固定化されたセグメントではなく、人の理想や目標、気持ち、場所的要因を取り入れ"意識"と"行動"に着目したROI視点を取り入れるものだ。

People Driven Marketingの概念

従来データ基盤dPublicのオーディエンスデータに加え、スマートフォン由来のオーディエンスデータやテレビ実視聴ログ、購買データなど同社グループのノウハウをつないだ統合マーケティングプラットフォームになる。同社では、従来のペルソナ(顧客像)に人の意識や感情をも加味した精緻な広告コミュニケーションや効果検証が可能になるとしており、今後も"人"基点での各種データや最新テクノロジーを保有する企業との提携を通じて、「People Driven Marketing」の基盤を強化していく構え。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事