PwC2社、Windows Defender ATPを用いたサイバー攻撃対策サービス

PwCコンサルティングとPwCサイバーサービスは9月6日、マイクロソフトのセキュリティ・ソリューション「Microsoft Windows Defender ATP」(WDATP)を活用したエンドポイントセキュリティにおけるサービスを提供開始した。

具体的には、PwCサイバーサービスでサイバー攻撃の監視・分析活動を行っている専門チームがWDATPを活用し、サイバー攻撃を検知し回復する「インシデントディテクション&リカバリーサービス(IDR)」を提供する。

IDRでは、エンドポイントにおいて検知、分析、封じ込め、除去、回復、支援などのインシデント対応サービスを提供するほか、ネットワーク機器のアラートの監視分析を同時に実行する。

インシデントが発生してから調査を始める従来の手順では半日から一日以上要していた対応時間を、1~2時間に短縮することを目指す。

PwCコンサルティングはWindows 10の導入支援ならびにエンドポイントセキュリティのコンサルティングサービスを提供し、セキュリティ修正プログラムなどが施されていない脆弱な環境から、安全で衛生的な環境構築を支援する。

「インシデントディテクション&リカバリーサービス」の概要

同サービスは、PwCと米国マイクロソフトによるグローバルアライアンスの活動の一環となる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事