ユニアデックス、IoT/機械学習で高圧クーラントポンプの故障予兆・検知

ユニアデックスは9月6日、住友精密工業と共同で、高圧クーラントポンプの故障予兆・検知を行う実証実験を9月から開始すると発表した。同実験では、センサーを用いて振動などのデータをモバイル回線経由で収集し、クラウド上にユニアデックスが独自に実装した稼働監視・設備診断サービスを用いて、設備の異常度を分析・表示する。

同サービスに組み込まれている機械学習エンジンは、設備診断専門家の協力の下にユニアデックスが開発したもので、設備診断の複雑な分析結果を簡単な数値にして表示することで、設備診断の専門知識がなくても一定の診断ができるという。

実証実験のイメージ

今回、住友精密工業は高圧クーラントポンプが故障に至る推移を検証するための装置・環境を構築し、ユニアデックスは回転機械を対象としたIoT/機械学習による稼働監視・設備診断サービスを適用。これらを3カ月間にわたって連続稼働させることで、高圧クーラントポンプが故障に至る過程を、IoT/機械学習によって適切に検知できるかを検証する。

故障予兆・検知のメリットとして、設備現場では専門知識無しに手軽に設備状態を診断できるため、設備機械のダウンタイムを最小に抑えるなどの適切な状態基準保全(CBM)の実現に寄与すると共に、診断に掛かるコストや要員確保問題の解決に期待でき、設備機械メーカーは、上記のメリットを設備保全担当者に提供できることに加え、自社製品の利用・故障状況をモニタリングすることで、製品生産計画の最適化や、ニーズに合った新製品の企画などに利用できるとしている。

ユニアデックスはこれまでの研究開発の成果を生かし、モーター・ポンプ・コンプレッサー(空調・冷蔵機)などの回転機械向けのIoT/機械学習による稼働監視・設備診断サービスを、日本ユニシスグループで提供するIoTビジネスプラットフォーム上で今秋に提供開始する予定となっている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事