博報堂とプレースホルダ、AR・VR領域における共同研究を開始

博報堂とデジタルテーマパーク事業を展開するプレースホルダは9月5日、AR・VR領域における「体験型アトラクション」についての共同研究契約を締結し、研究を開始したことを発表した。

「open!SUNDAY2017」の様子

同研究では、「体験型アトラクション」を通じてブランドへの継続的なファン効果を促すことを追求する。今後、「生活者発想」を掲げる博報堂と、AR・VRなど最新技術を用いたアトラクションを開発してるプレースホルダ両社のアセットを融合させることで、クリエィティブ・テクノロジー領域における新たな市場を開拓するとともに、ソリューションの共同研究開発などの実施、企業のマーケティング活動への提案などを想定しているという。

なお先行して、2017年8月27日に開催された博報堂DYグループの社内イベント「open!SUNDAY2017」において、プレースホルダの開発したデジタルスプレーアート体験装置「Spray Painting / デジタル落書き」が展示された。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事