がん治療臨床医らが考案したレシピが満載の本が発売

光文社はこのほど、『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』(1,500円・税別)を発売した。

『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』(1,500円・税別)

がん治療の現場では「免疫栄養ケトン食」が注目されているとのこと。免疫栄養ケトン食とは、体を動かすためのエネルギーをがんのえさになる「ブドウ糖」から「ケトン体」に切り替える療法であるという。抗がん剤などによる標準治療で問題になる体力低下を防ぎ、体力を保ったまま、がん細胞だけを弱体化して治療の効果を最大限に引き出す手助けをするとのこと。

『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』より

この食事療法を試したステージIVの患者のうち、83%に完全寛解・部分奏効を含む病態コントロールの効果が出たデータがあるという。

同書では、がん治療臨床医である古川健司氏と糖質制限レシピの第一人者と称される麻生れいみ氏が考案した「抗がんサポートレシピ」を紹介している。「ケトン体」を効果的に産生でき、家庭でも手軽に調理できるピザやハンバーグ、カレー、お好み焼きなどボリュームたっぷりのレシピを60品掲載した。

『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』より

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事