メガソフト、3DモデルやCAD図面等をモバイルで共有できるサービスを開始

メガソフトは、建築業務でやり取りされる3Dモデル、CAD図面、画像、動画、オフィス文書をスマートフォンやタブレットで共有できるサービス「どこでも建築コミュニケーション・イエクラウド」(以下 イエクラウド)を9月1日より提供開始した。

「どこでも建築コミュニケーション・イエクラウド」

同社はこれまで、メガソフト製品で作成した3Dモデルデータをスマートフォンやタブレットの専用ビューアで閲覧するサービスを展開していたが、「メガソフトの製品を持っていないと使えないのか?」「CADのデータも一緒に共有できないか」という問い合わせがあったという。

今回スタートしたイエクラウドは、メガソフト製品で作成した3Dモデルデータだけにとどまらず、建築業務の中でやり取りされるCADデータや一般的な書類も共有できるようになっている。

同サービスにより、3DモデルやCAD図面、室内外のパース、スケジュールや見積書などを共有することで、打ち合わせ日時を調整しなくても修正資料の確認や承認が行えるため時短につながる。また、ファイルをアップロードするフォルダにはアクセスコードで閲覧者を限定できるため、施主ごとのフォルダを作成して個人情報を含んだファイルも安心して共有できるという。

また、アクセスコードを設定していないフォルダにアップロードしたファイルは、イエクラウドの全ユーザーに公開されるため、自社の実績写真や間取りプランを公開することで自社PRにも活用できる。一方、施主にとっては多数のビルダーの実績は自身の家づくりの参考になり、また、ビルダー探しにも活用できる。

イエクラウドの3ステップ

イエクラウドで登録・共有できるファイル形式は、メガソフトの3D空間デザインソフトのデータ形式のほかに、3DCGソフトやCAD、画像・動画編集ソフト、WordやExcelなどのオフィス系アプリケーションで作成できる30種類以上の形式に対応している。さらに、書式の異なるファイルも同じ操作でアップロードできるので、いつでもどこでも同サービスだけで、すべて共有可能になるということだ。

なお、サービス利用料は、ライセンス90日:9,000円、ライセンス365日:18,000円。また、機能・期間制限なしで10MBまで利用できるトライアル無料ライセンスも用意されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事