Windowsの次期大型アップデートは10月17日、Microsoftが公式発表

米Microsoftは9月1日(現地時間)、Windowsの次期大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」を10月17日に、ワールドワイドで提供開始すると発表した。

日本マイクロソフトの公式ページでも告知されている

Windows 10 Fall Creators Updateは、2017年5月に開催されたマイクロソフの開発者向け年次会議「Build 2017」で明かされた、Windowsの次期メジャーアップデート。同年5月の時点で"2017年後半"でのリリースが発表されており、2017年4月に提供された「Windows 10 Creators Update」から、さらにクリエイティビティを向上させる機能強化がなされる。

Windows 10 Fall Creators Updateでは、中断した作業を他のデバイスで再開する機能や、OneDriveの全ファイルをエクスプローラに表示させ、必要な時にアクセスできる「OneDrive Files On-Demand」などを搭載する。また、10月17日に合わせ、各メーカーから販売されるMR(Mixed Reality)対応ヘッドセットも利用可能になるという。

なお、過去の作業(アクテイビティ)履歴を記録しさかのぼることができる「Timeline」機能は、Windows 10 Fall Creators Updateに搭載されないという噂が流れていた(MicrosoftのJoe Belfiore氏がツイートした)が、日本マイクロソフトのWindows 10 Fall Creators Update紹介サイトでは、新機能として掲載されている(9月1日時点)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事