島津製作所、前処理なしで測定できる質量分析計を発売

島津製作所は9月1日、探針エレクトロスプレーイオン化質量分析計「DPiMS(ディーピーアイエムエス)-2020」を発売すると発表した。価格は2000万円(税別)。

探針エレクトロスプレーイオン化質量分析計「DPiMS-2020」

質量分析計による測定前には、溶媒やカラムを準備し、試料のおよその濃度を把握する必要があった。同製品は、試料イオン化方式に「探針エレクトロスプレーイオン化法」(Probe Electro Spray Ionization:PESI)を採用しており、化成品や食品材料、生体試料などをプレートに少量添加するだけで準備が完了する。また、専用ソフトウェア「PESI MS Solution」の画面から、探針制御と質量分析の条件を選び、測定開始ボタンをクリックすれば2分後に測定結果を得られる。

同社は、シャンプーやうがい薬など複数の界面活性剤を配合して作る化学の評価、化学反応の経時変化の追跡、緊急を要する法医現場での血液中の毒物測定などの応用が期待できると説明している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事