豊田合成、ベトナムにエアバッグ部品の新工場を設立

豊田合成は、世界各地域における安全規制強化を背景とするエアバッグの需要拡大などに対応するため、ベトナムに新工場を設立すると発表した。

新工場は、同社の生産子会社である「豊田合成ハイフォン」の分工場として設立し、エアバッグ部品などを2019年7月から生産、日本や北米、欧州などのエアバッグ最終組付拠点へ輸出する。また、設立に伴う投資額は2,460万米ドルであり、2018年3月から工場建設を開始するという。

工場の設立場所と外観

なお、2016年度におけるベトナムにおける同事業の生産能力は、エアバッグ部品が年産1,450万個、ハンドルが年産220万本で、2023年度にはこれらをそれぞれ、2,300万個、320万本に増やす予定だとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事