スマホの写真を電池とアプリを使わずに印刷できるプリンタ「Printoss」

タカラトミーは8月31日、スマートフォンで撮影した写真を手軽にプリントできる簡易プリンタ「Printoss(プリントス)」を10月21日から発売すると発表した。希望小売価格は3700円(税別)。

簡易プリンタ「Printoss(プリントス)」

同製品の特徴は、電池と専用アプリが不要で、折りたたむことができる点。スマートフォンなどで撮影した写真のプリントに加え、撮影した画像をスマートフォンで確認・加工してからプリントすることも可能。

本体に市販のインスタントフィルムをセットした後、「本体を開く」「スマートフォンをフレームの上に乗せてシャッターボタンを押す」「つまみを回してインスタントフィルムを排出する」というステップを踏むだけで、スマートフォンで撮影した写真を印刷できる。気温などによって変動するが、撮影後に約90秒で写真ができるという。

「Printoss」でプリントする手順

フレームサイズが46mm×62mmなので、これが撮影範囲になるほか、スマートフォンはバックライト搭載のものが利用可能。利用できるインスタントフィルムは、富士フイルムの「インスタックスミニ(チェキ)フィルム」のみとなっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事