ASUS、MRヘッドセットを正式発表 - 重量400g以下、449ユーロで投入

ASUSは30日(ドイツ時間)、ドイツ・ベルリンで開催している国際コンシューマ・エレクトロニクスショー「IFA 2017」に先駆け、Microsoftの複合現実(Mixed Reality)に対応したヘッドセット「ASUS Windows Mixed Reality Headset」を正式発表した。価格は449ユーロから。ホリデーシーズンに向け提供される予定だ。

ASUS Windows Mixed Reality Headset

2017年5月から6月にかけ台湾で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2017」のMicrosoftブースで参考展示されていたもの。幾何学デザインで覆われた外装に、2.89インチのディスプレイを2つ備えたMRヘッドセットで、重量が400g以下と軽量であることが特徴。また、Windows 10 PCとの接続時にセットアップが手軽といい、発表時には「10分でセットアップできる」ことがアピールされた。レンズ部分は90度外側に開く事ができ、一時的に外したい時スムーズに外すことができる。

解像度は2,880×1,440ドット(単眼:1,440×1,440ドット)で、視野は水平95度、100ニットの輝度を持つ。リフレッシュレートは90Hz。センサーはジャイロスコープ、加速度計、磁力計、近接センサー。インタフェースはHDMI 2.0×1、USB 3.0×1。専用コントローラが2個付属する。

ASUS Windows Mixed Reality Headsetの価格(ASUS公式YouTubeより)

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事