中国でのEVの共同開発に向けた合弁会社を設立 - 日産

ルノー・日産アライアンスと東風汽車集団は8月29日、中国で電気自動車の共同開発を行う新たな合弁会社の設立に合意し、ルノーおよび日産がそれぞれ株式の25%を、東風が残りの50%を所有すると発表した。

新しい合弁会社「eGT New Energy Automotive」は、ルノー・日産アライアンスと東風のコア・コンピタンスを活かし、ルノー・日産アライアンスの電気自動車領域におけるリーダーシップと、新エネルギー産業における東風のリソースを最大限に活用することで、中国市場の期待に応えていくとしている。

なお、eGTの電気自動車は、十堰に位置する東風の工場(年間生産能力12万台)で生産が行われ、生産開始は2019年を予定している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事