ローランド、アコギをリッチな音色で鳴らせるプリアンプ「AD-10」

ローランドは、アコースティックギターのリッチな音色をライブ演奏で再現し、緻密な音質調整も可能なプリアンプ「AD-10」を、BOSSブランドより9月9日に発売する。価格はオープン、市場予想価格は、税込で38,000円前後となる模様。

AD-10

「AD-10」は、ピックアップを搭載したアコースティックギターの音を、演奏者自身が調整できるプリアンプ。独自開発の「アコースティック・レゾナンス機能」によりアコースティックギター本来のあたたかく奥行きのある響きを最適に設定できる。また、フレーズの音域や強弱に反応して、自然な効果をもたらすコンプレッサーや、アコースティックギターに最適化されたディレイ/コーラスなどの空間系エフェクト、細かな音質調整を行える4バンド・イコライザーなどを使ってリッチな音色を楽しめる。

背面パネル

2系統の入力を装備し、それぞれの入力レベルや音質を調整可能。2本のギターを持ち換えての演奏や、2種類のピックアップを搭載したギターの入力にも対応する。出力は、標準フォーン端子に加えてXLR端子もステレオで用意し、小規模の会場から、本格的なステージまで、さまざまな環境で演奏できるようになっている。その他、ハウリングを瞬時に自動検出して抑制する「アンチ・フィードバック」、演奏したフレーズを次々に重ねて録音/再生し、ひとりでアンサンブルのようなパフォーマンスが行えるループ機能、チューナー、チューニングの際、出力音を消すミュート機能などを搭載する。本体サイズは217(W)×161(D)×65(H)mmで、質量は1.3kg。

BOSS AD-10 Acoustic Preamp

人気記事

一覧

新着記事