キヤノン「EOS M100」、3色カラバリでワリとやる初心者向けミラーレス

キヤノンは8月29日、エントリー向けのミラーレスカメラ「EOS M100」を発表した。発売は10月上旬の予定で、価格はオープン。キヤノンオンラインショップにおける販売価格 (税別) は、ボディのみが53,500円、EF-M15-45 IS STMレンズキットが68,500円、ダブルレンズキットが82,500円 (EF-M15-45mmとEF-M22mmが付属)、ダブルズームキットが91,500円 (EF-M15-45mmとEF-M55-200mmが付属)。

EOS M100 (EF-M15-45レンズキット)

EOS M100は、2015年10月に発売された「EOS M10」の後継機種だ。初心者層をターゲットとしながらも、上位モデルの「EOS M5」「EOS M6」と同等のAPS-Cサイズ有効約2,420万画素CMOSセンサーと画像処理エンジン「DIGIC 7」を搭載する。AF (オートフォーカス) システムもEOS M5 / M6と同様に「デュアルピクセルCMOS AF」となり、あらゆるシーンで高速な像面位相差AFが働く。

本体カラーは、ブラック、ホワイト、グレーの3色展開。さらに、別売の専用フェイスジャケットは9種類のバリエーションを用意しており、自分好みのコーディネートができる。

EVF (電子ビューファインダー) を搭載しないこともあり、ボディサイズはW108.2×H67.1×D35.1mm、重さは約302gと小型軽量。直感的に扱いやすいよう、操作は背面液晶モニターのタッチパネルを中心に行う方式となっている

ブラック、ホワイト、そして新色グレーのカラーバリエーション

レザー調やボーダー柄など、9種類の別売専用ジャケットを用意する

連写性能はAF固定で約6.1コマ/秒、AF追従で4.0コマ/秒。上位機のEOS M5 / M6 (同・約9.0コマ/秒、約7.0コマ/秒) には劣るが、前モデルのEOS M10 (同・約4.6コマ/秒、約2.2コマ/秒) からは格段に進化している。常用ISO感度は最高ISO25600まで対応する。

通信機能は、Wi-FiとNFCに加えて、Bluetooth Low Energy (BLE) にも対応。電力消費を抑えながら、スマートフォンなどと常時接続して利用できる。また、Bluetoothで接続したスマートフォンから、GPS情報を常にカメラへ送信する機能をEOSシリーズとして初めて搭載している。

背面 (ブラック)

天面 (ホワイト)

液晶モニターは180度回転可能なチルト式 (グレー)

左側面 (ホワイト)

右側面 (グレー)

ポップアップ式のストロボを内蔵 (ブラック)

ダブルレンズキットの同梱物 (ブラック)

以下、コーディネートイメージ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事