Ethernet機器をFAネットワークに統合するミドルウェア - 図研エルミック

図研エルミックは8月28日、「CC-Link IEフィールドネットワークBasic」に準拠したプロトコルスタックミドルウェア「Ze-PRO CC-Link IEF Basic」 の受注を開始した。

「CC-Link IE フィールドネットワーク Basic」に準拠したプロトコルスタックミドルウェア、 「Ze-PRO CC-Link IEF Basic」

同製品は、OSやCPUに依存しない構造で、依存部分はラッパー関数およびマクロ定義で切り替えが可能。μITRON用のサンプルコードも提供しており、スタックのメイン処理はアプリケーション層で実現しているため、専用のインタフェースボードが不要で、Ethernetポートを搭載しているパソコンやターゲットボードで動作する。さらに、TCP/IPも非依存であり、BSDに準拠していれば、ソケットインタフェースで通信処理ができる。

同社は、同製品を実装することで、従来ネットワーク化が困難であった機器や小規模装置であっても、FAネットワークへの統合が可能になり、生産現場でのシステム連携やIoT化を実現できると説明している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事