Google、「うつ病」の検索で自己診断ページへのリンクを表示へ

National Alliance on Mental Illness (NAMI)は8月23日(米国時間)、「Learning more about clinical depression with the PHQ-9 questionnaire」において、Googleと協力し、モバイルから「depression(うつ病)」をGoogle検索した場合に、自身のうつ病レベルを調べるための診断テストへのリンクを表示するようにしたと発表した。

説明によると、米国では5人に1人の割合でうつ病を患いながらも、実際に治療を受けるのはその5割ほどだという。今回、NAMIとGoogleが協力して、検索結果に自己記入式質問票「PHQ-9(Patient Health Questionnaire-9)」へのリンクを表示するサービスを開始した背景には、こうした状況への認識を高め、ユーザーへに報やツールへのアクセスを提供する狙いがあるという。

モバイルからdepressionを検索した場合 - 資料:NAMI提供

検索結果からPHQ-9へ簡単に移動できる - 資料:NAMI提供

PHQ-9実施の様子 - 資料:NAMI提供

統計によると、うつ病の症状を経験した人が実際に治療を受けるまでには平均で6年から8年かかるとのことで、NAMIは検索結果からPHQ-9へのアクセスを容易にすることでこうした状況を改善したいとしている。なお、同様のサービスが日本でも提供されるかどうかは言及されていない。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事