アスラテック、踊るどーもくん型ロボット開発に協力 - V-Sido OSを搭載

アスラテックは、日本放送協会(NHK)のキャラクター「どーもくん」型ロボットの開発に協力したことを発表した。

「どーもくん」型ロボットの外観

このロボットは全高約300mm、重量約1.2kg。両手・両足を自由に動かしての二足歩行やダンスが可能で、8月27日に東京で開催された国際的なロボット競技会「ABUロボコン2017東京大会」のハーフタイムショーで初披露された。

このショーで同ロボットは、9人組ガールズグループ「東京パフォーマンスドール」と「どーもくん」がコラボレーションしたユニット「東京パフォーマンスどーも(TPDomo)」と共演し、TPDomoのオリジナル曲「Domobics -どーもびくす-」のダンスを披露した。この模様は9月18日、NHK総合テレビで放送されるという。

アスラテックは、同社が開発するロボット制御システム「V-Sido OS(ブシドー・オーエス)」を提供してロボット用ソフトウエアの開発を行ったほか、ABUロボコン2017東京大会でのダンスのモーション作成やロボット運用のサポートなどを行うなど、同ロボットの開発の企画段階から協力している。

なお、「V-Sido OS」はリアルタイムにロボットを動かすことができ、急な衝撃を受けたときや不安定な足場でも倒れにくい安定性を備えている。形状や大きさ、アクチュエータの種類などを問わずさまざまなロボットに適用できるほか、いろいろなデバイス(インタフェース)からロボットを動かせるなどの汎用性も特徴となっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事