佐々木希、渡部建と夫婦共演!"15歳差"笑い飛ばす「何も大変なことはない」

女優の佐々木希(29)が、日本テレビ系大型特番『24時間テレビ40 告白 ~勇気を出して伝えよう~』(8月26~27日放送)に出演。スペシャルサポーターを務める夫でお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(44)との夫婦共演が実現した。

佐々木希と渡部建

佐々木が20時頃に会場の日本武道館に到着すると、夫の渡部が姿を消し、同じくスペシャルサポーターを務める東野幸治が「渡部くんが、佐々木希さんがいらっしゃったら急にいなくなった」と指摘。佐々木も渡部も、2ショットは恥ずかしいと避けたという。

だが、会場内にいる渡部の姿が映され、手前に渡部、奥に佐々木という"遠近"での夫婦2ショットが実現。渡部は「なんだよコレ!」などとツッコみ、佐々木は「今日もご主人男前ですか?」という東野の質問に、「そうですね」と笑顔で答えた。渡部はCM中も、佐々木のいるステージに背を向け続けており、夫婦2ショットを恥ずかしがるのはキャラクターを演じているのではなく、素の感情だったようだ。

なお、佐々木は「絶望を乗り越えたバスケットボール選手 佐々木希が見た生きる覚悟」という企画のリポーターとして出演。宮城県仙台市で暮らす、夫婦そろって車椅子バスケットボール日本代表選手である藤井新悟さんと郁美さんのもとを訪問したVTRが放送された。

その中で、郁美さんが「たまたま好きになった人が障害を持っていたという感覚」と語ると、佐々木も「好きになる人は、理由とかないですよね」と同調。「私はよく『歳の差大丈夫?』って最初のころ心配されたんですけど、たまたま好きになった人が15歳上なだけで、何も別に大変なことはないなって」と笑い飛ばし、渡部は真剣な表情でそのVTRを見つめていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事