ミドル人材の採用、72%が「役職なし」- 職種は?

 

エン・ジャパンは8月22日、「ミドル人材の採用」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は6月28日から7月25日までで、同社運営の人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」を利用している企業537社を対象に実施したもの。

「採用したミドル人材の職種」

同調査によると、直近3年以内に、35歳から55歳までのミドル人材を採用した実績のある企業は79%。そのうち37%の企業が、「3年前よりもミドル人材の採用数が増えている」と回答した。

3年以内にミドル人材の採用実績があると回答した企業に、具体的な採用職種と役職を聞くと、採用職種では「営業職(営業、MR、人材コーディネーター他)」(40%)がトップとなり、次いで「企画職(経営企画、広報、人事、事務他)」(22%)、「技術系(IT・Web・ゲーム・通信)」(20%)となった。

役職については、72%の企業が「役職なし」と回答。次いで、「チームリーダークラス」(31%)、「課長クラス」(23%)という結果に。比較的年齢が高めであっても、役職なしで採用するケースが多いことがわかった。

「ミドル人材採用の目的」

続いて、ミドル人材採用の目的について教えてもらったところ、1位は「若手人材が採用できず、年齢を引き上げて人員を確保するため」(37%)、2位は「業務改善や、社内体制の再構築」(26%)、3位は「マネジメント人材の不足を埋める」(24%)という結果となった。

また、「採用するミドル人材に求めるもの」としては、「専門性」(59%)や「自社にない能力・経験」(48%)、「マネジメント力」(36%)が上位に挙がった。

「ミドル人材を中途採用したい理由」

今後ミドル人材を中途採用することについては、86%の企業が「採用したい」(「積極的に採用したい」12%+「いい人がいれば採用したい」74%)と回答。理由として、「優秀であれば年齢は関係ない」(57%)、「豊富な経験を必要とする仕事だから」(44%)、「専門性が高い仕事だから」(43%)が上位に挙がった。

「ミドル人材を中途採用したくない理由」

一方、「採用したくない」という企業は10%(「できれば採用したくない」8%+「採用したくない」2%)。理由としては、「自分のやり方、これまでのやり方に固執する」(65%)、「給与が高い」(49%)、「体力的に心配」(40%)が上位に並んだ。

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事