松本潤、34歳の誕生日祝いでサプライズ! ダジャレのケーキにツッコミ

アイドルグループ・嵐の松本潤が23日、都内で行われた映画『ナラタージュ』(10月7日公開)完成披露舞台挨拶に、有村架純、行定勲監督とともに登場した。

有村架純

行定勲監督

同作は、作家・島本理生による同名の恋愛小説を実写化。高校の時の演劇部顧問教師・葉山(松本)に想いをよせる泉(有村架純)は、卒業以来1年ぶりの再会に想いをつのらせ、葉山の方もまた泉に複雑な感情を抱える。

8月30日に34歳の誕生日を迎える松本に、サプライズで誕生日ケーキが登場。松本は「いやいや、いいっすよ!」と照れ、「34になります」とはにかんだ。ケーキには赤いバラが敷き詰められ、「ナラタージュン」という、1文字ずつのプレートが刺さる。松本は「まさか、タイトルと僕の名前でギャグができるなんてね」と感心していた。

松本は34歳の目標として「ぜひ、この映画がたくさんの皆さんに見ていただけたらと思います。それに尽きます。切に願います」とコメント。有村が一言を求められると「すいませんね」と恐縮し、「おめでとうだけでいいんですよ」と気遣う。有村は「34歳も、松本さんにとって、素敵な1年になりますように、願っています」と微笑み、行定監督は「正義感が強すぎるくらい強いんで、カッコいい松潤でいてくれればと思います」とメッセージ。松本は「いやーびっくりしました。ありがとうございました」と終始恐縮していた。

写真撮影時は、「ナラタージュン」ケーキの「ン」が抜かれ、「ナラタージュ」仕様に。松本は「ジュンの”ン”は抜くんですか!? 刺しといてくださいよ!」とツッコミを入れ、会場からも笑いが起こっていた。

松本は最後に、作品について「心血を注いで参加させていただいた作品です。とっても素敵でとっても苦くて、とっても濃密なラブストーリーが出来上がったなと思っています。長く愛される作品になったらと思っています」とあいさつ。さらに「と、いうのはカメラ向きで。お忙しい中集まってくださったので、まずは、単純に楽しんでいただけたらと思います」と、客席への気配りも忘れず、真摯に語りかけていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事