オムロン、小規模産業施設や戸建住宅向けの蓄電システムを発売

オムロンは8月23日、小規模産業施設や戸建住宅に向けた蓄電システム 「住・産共用フレキシブル蓄電システム:KPAC」をシリーズ追加し、2017年10月より発売開始すると発表した。

蓄電池ユニット(左)、パワーコンディショナ(右)

近年、国内のエネルギー関連市場はさまざまな変化を見せており、2012年夏に始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT法)をはじめとし、昨年4月より施工される改正FIT法など、エネルギー需要と供給のバランスを保ち、効率よく使用するためのニーズが広がっている。

今回、同社がシリーズ追加する蓄電システムは、9.8kWhの蓄電池容量と従来比1.2倍の充放電を実現した。電気を短時間で充電あるいは放電可能なことから、同社は今後本格化するとみられるVPPなどの分散電圧システムにも対応できるとしている。

また、従来機種との施工性の統一(壁掛け設置可能・クレーン搬入不要)により、すでに太陽光発電システムを導入されている施設や戸建て住宅などにも後付設置ができるほか、HEMSの共通プロトコルである「Echonet Lite」の搭載により、各HEMS機器との接続を実現した。加えて、APPENDIX ECHONET機器オブジェクト詳細規定「Release H」にも対応し、VPPなどの蓄電池の遠隔制御にも対応するという。

蓄電池ユニットの製品仕様

パワーコンディショナの製品仕様

なお同社は、同システムの販売目標を3年累計で1万台としている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事