楽天モバイルの「スーパーホーダイ」 - 容量を使い切っても1Mbpsで通信可能

楽天は23日、同社運営の「楽天モバイル」において、新料金プラン「スーパーホーダイ」を発表した。9月1日より受付を開始する。このプランでは、高速データ通信をオフにした状態(または高速データ通信容量を使い切った状態)でも最大1Mbpsのデータ通信を制限なしで利用可能となる。

楽天モバイルの新料金プラン「スーパーホーダイ」

「スーパーホーダイ」では、高速データ通信容量2GBの「プランS」(月額料金: 税別2,980円)、6GBの「プランM」(月額料金: 税別3,980円)、同14GBの「プランL」(月額料金:税別5,980円)の3タイプを用意。高速データ通信容量を使い切っても、1Mbpsの通信速度で使い放題となるため、大容量のデータ通信を行いたいユーザーに好適なプランとなる。また、楽天でんわアプリを使用することで、5分以内の国内通話が回数制限なしで行える。

さらに、楽天会員であれば1年目の月額基本料金が1,000円割引(ダイヤモンド会員はさらに500円割引)されるほか、「スーパーホーダイ」の申込み時に選択する最低利用期間の年数でセット購入した端末代が割引される「長期優待ボーナス」も提供。2年契約で端末価格から10,000円割引、3年契約で20,000円が割引される。なお、SIMのみで「スーパーホーダイ」を2年または3年契約した場合は、割引金額分相当の楽天スーパーポイントが付与される。

人気記事

一覧

新着記事