モト冬樹、10歳下妻と熟年婚!合コンをセッティングしたのは“あの大物”だった

モト冬樹が、妻の武東由美と8月23日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系列、毎週月曜~金曜12:00)に出演。2人が知り合うキッカケとなったエピソードを披露する。

7年前、還暦一歩手前の59歳で10歳年下の由美さんと結婚したモト。当時は「大物独身男性が結婚!」と騒がれた。モトは、産婦人科の開業医の家に生まれ、父親がリタイヤ後は後継者がいないのを心配した母親が「女医さんを探して来て」とけしかけていたという。その話を『徹子の部屋』で聞いた黒柳徹子が、さっそく女医さんを集めて合コンをセッティングし、モトを電話で呼び出したという話を披露。あの時は本当にビックリしたと当時を振り返る。

そんなモトは、結婚7年目にして花嫁の父となった。そもそも妻の由美さんは娘を連れて再婚。そのキッカケを作ったのが当時高校生だった娘の奈由さんだった。バージンロードを娘と歩き新郎に渡す瞬間はたまらなかったと涙ぐむモト。式場のテーブルに置かれたカードには、「お父さんありがとう」の感謝の言葉と今まで“不安に思っていた事”の答えが全て書かれてあったという。今回は、そのメッセージを黒柳が紹介する。他には、夫婦の合言葉「日々楽しく過ごす」を実践するために始めたブログの写真や知恵を紹介。日々の潤滑油となっている愛犬2匹も登場する。


本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事