[スキップ・トレース]続編は日本が舞台!? ジャッキーちゃん、内田理央の起用も?

映画「スキップ・トレース」のジャパンプレミアに登場した(左から)内田理央さん、ジャッキーちゃん、レニー・ハーリン監督

 俳優のジャッキー・チェンさん主演の映画「スキップ・トレース」(レニー・ハーリン監督、9月1日公開)のジャパンプレミアが22日、東京都内で行われ、ハーリン監督が出席した。ゲストとしてモデルで女優の内田理央さんが登場、主演のジャッキーさんの“そっくりさん”でものまね芸人のジャッキーちゃんもサプライズ登場した。ジャッキーちゃんのアクション芸を見たハーリン監督は「これは素晴らしい。続編を作る時は予算が節約できるかな。ジャッキーじゃなくて彼を起用する。(映画のヒロインの)ファン・ビンビンの代わりに内田さんにも出演してもらう。続編は日本が舞台となります」とノリノリで続編について語り、会場を沸かせた。

 イベントでは、劇中の重要なアイテムとなるマトリョーシカがステージに登場し、ヒットを祈願して“鏡開き”ならぬ“マトリョーシカ開き”を実施。ハーリン監督と内田さんがパンチでマトリョーシカを割ると、中からジャッキーちゃんが現れるという演出だった。

 「スキップ・トレース」は、ジャッキーさん演じる香港警察の刑事と米国人詐欺師がひょんなことから一緒に追われる身となり、世界中を逃げまくるバディーアクション。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事