JAXAなど、太陽観測衛星「ひので」が撮影した米国横断皆既日食の画像を公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)、国立天文台、米国航空宇宙局(NASA)の3者は8月22日、太陽観測衛星「ひので」が撮影した8月22日午前2時ころ(日本時間)に北米大陸を横断する形で発生した皆既日食の画像と動画を公開した。

公開された映像は、ひのでが高度680kmで太平洋(米国西海岸沖)の上空を飛翔している際に、搭載されているX線望遠鏡(XRT)で撮影されたもの。ひのでからの角度だと、最大食分0.714の部分日食となったという。

なお、今回、ひのでは地上の観測チームと連携し、極域のコロナ構造やそこで頻発するジェットのメカニズムの解明を目的としたコロナ観測を行ったほか、皆既日食帯が米国を横断する約1時間30分の間、多数の市民の参加を得て白色光コロナの動画を作成するプロジェクト(Eclipse Megamovie 2017)と連携して、X線コロナ画像の連続撮影を行ったという。白色光コロナとX線コロナを組み合わせることで、コロナ物質の電子密度を求めることができるようになることから、ジェット発生のメカニズムや約1時間30分にわたるコロナ構造のダイナミクスについて理解が進むことが期待されるとJAXAなどでは説明している。また、今回得られる観測結果については、人工衛星や地上の電子機器に影響を及ぼす磁気嵐の原因となる太陽風や太陽フレア発生の予測につながることも期待されるとしている。

「ひので」による皆既日食の撮影画像。左上の撮影開始自国が21日の16時47分32秒(世界標準時)、右下が17時8分2秒(同)。ひのでの飛行速度は時速約2万7000kmと早いため、部分日食の開始から終了まで、約15分となっている (JAXA/国立天文台 提供)

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事